ビール腹解消にお勧めのサプリや漢方はこれだ!

ビール腹を解消してスリムバディーを手に入れよう。

ビール腹解消にお勧めのサプリはこれだ!

ビールとつまみで、お腹ポッコリ

 

日々の運動食事制限がビール腹解消には大事なのは分かっていますよ。

 

でもね、この忙しいストレス社会で運動や制限なんて無理です。

 

私は、頑張らないスリム化を応援します。

 

 

怖い、怖い成人病。

 

全てはメタボリックから始まります。

 

内臓脂肪を落としてスリムな体を手に入れましょう。

 

 

ビール腹


ビール腹解消を手伝うサプリランキング

 

内臓脂肪が溜まって出来上がるビール腹

 

特に日本人は若い人でもポヨポヨなお腹の人が多いですよね。
街中でちょっと観察すると、ビール腹予備軍の青年が多数いました。
運動不足で筋肉が足りていない体型の人が多いですね。

 

でも腹筋を鍛えるだけではダメですよ。
ちゃんとメタボリック管理を実施しましょう。

 

 

ビール腹解消を手伝うサプリのおすすめランキングを紹介します。

 

 

防風通聖散

 

防風通聖散

 

 

18種類の生薬で、代謝・利尿・便通などの作用により腹部の皮下脂肪を減らし、肥満や便秘、肩こりやむくみに効果を表します。

 

防風通聖散

 

 

 

 

メタバリアスリム

 

メタバリアNEO

 

天然成分サラシアが余分に摂取した糖の吸収ををブロック。
ポリフェノールとカテキンが脂肪スッキリ。

 

今だけ500円トライアルパックでポッコリを解消しましょう。

 

メタバリアスリム

 

 

 

コレスリム

 



 

糖質摂取と燃焼のバランスで脂肪蓄積度合いが決定します。
燃焼率を上げてダイエットのハードルを下げる秘密のアイテムです。

 

コレスリム

 

ビール腹を解消する方法

ビール腹を解消する方法

 

ビール腹解消方法の基本は、炭水化物の過剰摂取を控えて適度に有酸素運動と無酸素運動を行うことです。

 

当然ながら、飲酒量も減らさなければお腹をへこませることは困難となります。

 

従来よりも飲酒量を減らしながら、食事の内容を充実させて体全体のエネルギー効率を高めることも大切です。

 

ビール腹になっていることは、内蔵脂肪や皮下脂肪が過剰に増えていることを意味しています。

 

たまってしまった脂肪は食事制限だけでは完全に取り除くことは難しいため、有酸素運動で燃料させます。

 

ビール腹の解消を実践するためには適度な運動を継続して実施することが有効とされています。

 

途中で投げ出してしまうようでは、リバウンドの繰り返しになる可能性が高くなります。

 

有酸素運動を効果的にするために、ウォーキングであれば30分から1時間くらいの時間をかけて行います。

 

サイクリングを行う場合には、50km前後の距離を目安として継続的に走るようにすると体にたまった余計な脂肪が燃焼してビール腹も改善しやすくなります。

 

有酸素運動をしながら無酸素運動も行えば、筋肉も発達しやすくなって基礎代謝量が大幅に増加します。

 

腹直筋や大腿四頭筋を中心に鍛えるようにすれば、基礎代謝量を大幅に上昇させてリバウンドしにくい体質へと変化します。

 

ビール腹解消のための食事は、多品目の食材から栄養をバランスよく摂取することが大切です。

 

脂肪の吸収を抑えるために、青魚類を積極的に食べるようにして、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸を摂取することが大切です。

 

主食は玄米や麦飯にして、水溶性と不溶性の食物繊維を交互に摂取すると効果的です。

 

歯ごたえのある食材を多用すれば、噛む回数が増えて少量の食事量でも満腹感を得やすくなります。

腹筋を鍛えて基礎代謝量を増加させる

ビール腹は腹筋を鍛えて改善しよう

 

ビール腹を何とかして解消するためには、腹筋を鍛えて基礎代謝量を増加させる必要があります。

 

過度な飲酒によってお腹に余計な脂肪を蓄えている状態ですから、放置しておくとさらに太ってしまう可能性があります。

 

太るだけでなく、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病にかかるリスクも増大します。

 

最近の研究でも肥満よりリスクが高いと報告されています。

 

将来の健康のためにも、ビール腹を解消させて引き締まった腹筋を作ることが大切です。

 

特に日本人は筋肉が付きにくい体質ですので、日々の運動で少しづつ増やして行きましょう。

 

腹筋の運動は時間の余裕があるときにはいつでも行います。

 

ときにはスポーツジムに通って、ビール腹を改善するためのエクササイズをしながら鍛えることもおすすめです。

 

最初のうちは運動がきつく感じるために、途中で投げ出してしまいたくなることもあります。

 

途中でやめてしまえば全てが台無しとなりますから、最初のトレーニングでは無理をせずに少しずつ運動強度を高めていくことが大事です。

 

腹筋も一般的な上体起こし系の腹筋だけしていてもお腹はへこみません。
脇腹の腹筋や、上の腹筋、下腹部の腹筋なども一緒に行うことでポッコリしたお腹が引き締まっていきます。

 

またトレーニングでは腹筋だけでなく、脚の大腿四頭筋(ハムストリング)も同時に鍛えると基礎代謝量が飛躍的に増大します。

 

スクワットは腹直筋と大腿四頭筋を同時に鍛えられる運動としておすすめで、実践してビール腹を改善している人も沢山います。

 

腹筋にも作用するスクワットをするにはコツが必要ですから、最初はエクササイズ本などを参考にして覚えていきます。

 

腕立て伏せをしても腹筋を鍛えることができます。

 

腹筋を鍛えるための運動を1ヶ月以上も続けていけば、明らかに実感できるほどに基礎代謝量が増加してきます。

 

お腹まわりの脂肪も減ることが分かりますが、最初に効果を実感した段階で満足せずに、さらに努力を続けていくことが重要です。

 

運動は毎日の習慣として欠かさずに行うようにして、食事では余計な糖質や脂肪を摂取しないように注意することも大切です。

 

そうはいっても運動しない

ビール腹の原因の一番は運動不足

 

ビール腹の原因の一番は運動不足

 

 

分かってますよ。

 

でもね。

 

そうはいっても、中々常日頃から運動なんて出来ません。

 

日頃のストレスで暴飲暴食しちゃうし。。。

 

やっぱり、普段食べる物を気を付けるしかないですよね。

 

特に脂肪分とと炭水化物は気を付けた方が良いですね。

 

だからといって植物系油脂が健康に良いかというと大間違いで、リノール酸を熱化学加工して生成されるトランス脂肪酸は人体に多大な悪い影響を与えます。

 

トランス脂肪酸で出来ている、マー〇リンは毒の塊です。

 

このように普段の食生活の中にも危険な食べ物が一杯ありますので、その辺も気にしながらビール腹の解消を進めていきます。

 

じゃあどうすれば良いの?

 

余分な糖分摂取を回避するならサラシアが一番です。

 

ちょっと難しい話になりますが、サラシアは糖尿病に効果があると以前から考えられていました。

 

理由はショ糖や麦芽糖を摂取しても、あらかじめサラシアを摂取していれば、血糖値の上昇が抑制される事が判明しています。
これはサラシアが腸で糖の吸収をブロックしているからです。

 

サラシアの有効成分サラシノールやコタラノールが、二糖類が単糖類に分解されるのを抑え、吸収されにくくすると考えられています。

 

またサラシアには腸での脂肪の吸収を抑える働きがあります。
体内の脂肪組織に蓄積された脂肪の分解を促す働きがあることも確認されています。

 

これらの効果はサラシアに含まれるポリフェノールによって生み出されます。

 

糖と脂肪の吸収をダブルガード。

 

サラシアは楽してビール腹解消したい人にはうってつけの有効成分なのです。

内臓脂肪について詳しくなろう。

 

ビール腹の原因は内臓脂肪です。
内臓脂肪について詳しくなることにより解消法を探りましょう。

 

以下に詳細な記事を転載しましたので参考にしてください。

 


肥満=皮下脂肪ではない! 内臓脂肪を減らすには

 

生活習慣病の多くは肥満と関係しています。肥満=皮下脂肪と考えると、皮下脂肪を悪玉と考えがちでが、実は内臓脂肪を減らすことが生活習慣病予防に繋がります。内臓脂肪を燃焼させて生活習慣病対策を。男性も女性も、内臓脂肪を減らすにはどうすればよいのでしょうか?

 

 

脂肪
皮下脂肪?内臓脂肪? 効果的に脂肪を減らす方法はあるの?
生活習慣病の多くは肥満と関係しています。肥満=皮下脂肪と考えると、皮下脂肪を悪玉と考えがちです。実は生活習慣病と関係しているのは、消化管の間の脂肪組織である内臓脂肪なのです。

 

皮下脂肪と内臓脂肪は別もの

 

お腹の皮膚の下にあって、摘むことができるのが皮下脂肪。一方、腹部の内臓の周りにあるのが内臓脂肪です。というわけで、皮下脂肪と内臓脂肪は別ものですが、構造的な差はありません。

 

代謝を見ると、内臓脂肪は皮下脂肪と比べて、より機能的に活発な細胞です。
活発というのは、脂肪を溜めやすく出し易いという意味と、生理的活性物質を多く作るという両方の意味です。この意味については、後で説明します。

 

内臓脂肪とお腹まわり

 

内臓脂肪の増加は、CTスキャンを用いて腹部の適当な場所の断面像を撮影しないと医学的には判断できません。『Fat scan』という専用の解析ソフトウェアもありますが、CTスキャンは浴びる放射線の量が大量なので、内臓脂肪の確認のためだけにCTスキャンで検査するのは考えもの。

 

そこで1つの目安になるのがお腹まわりのサイズです。日本人男性では、お腹まわりが85cm以上あるとBMI(体重kg/身長m/身長m)の数値を問わず内臓脂肪が増加している可能性があります。

 

特にお腹まわりがあるのに、腹部の皮下脂肪を手で摘めないようだと内臓脂肪が増加している可能性が高くなります。

 

男性は太っ腹? 同じ体脂肪率なら男性の方が内臓脂肪が多い

 

内臓脂肪は脂肪酸の出し入れが容易です。筋肉が体重に対して女性より10%増しの男性は、筋肉を動かすための熱源となる内臓脂肪を、女性よりも多く持ちやすい傾向にあります。

 

男性ホルモンは筋肉を増加させると共に、その熱源の内臓脂肪を増加させる作用があります。男性は内臓脂肪がつきやすく「太っ腹」になりやすいのです。一方、女性ホルモンは内臓脂肪よりも皮下脂肪を蓄える傾向があります。男性のお腹まわりは、内臓脂肪が多いためと腹筋が多いために女性より太くなります。同じ体脂肪率の男性と女性ならば、男性のほうが内臓脂肪が多い事になります。

 

それでは次に内臓脂肪と生活習慣病の関係、内臓脂肪を減らす方法を解説します。

 

内臓脂肪は生活習慣病の元! 内臓脂肪を減らす方法は?

 

内臓脂肪の増加は、糖尿病、血栓症、動脈硬化・高血圧症の促進につながります。

 

内臓脂肪が多く作る悪玉物質の一つは、腫瘍壊死因子(TNF-α:Tumor Necrosis Factor-α)という物質です。名前の通りに悪性細胞を攻撃します。ただ、攻撃の中に、兵糧攻め的な作用があり、細胞が血糖を取り込むために必要なインスリンの効果を低下させます。このために、体全体のインスリンの効果が悪くなり、糖尿病の原因となります。

 

腫瘍壊死因子とは別のインスリンの作用を低下させる物質の産生も確認できています。

 

血栓を作りやすくするPAI-1(plasminogen activator inhibitor-1)の産生も活発です。全身に作用すれば脳梗塞などの血栓症を起こしやすくする原因となります。

 

その他に血管の平滑筋の増殖を引き起こす物質も産生しており、動脈硬化を促進する事になります。血圧の上昇を来す物質も産生していて、高血圧症の原因となります。

 

上記の物質は皮下脂肪もある程度産生していますが、代謝の活発な内臓脂肪の方がより産生が多くなっています。

 

内臓脂肪を減らすには総有酸素運動時間が大事

 

内臓脂肪は預金に例えると普通預金です。定期預金に例えられる皮下脂肪より引き出しやすい、つまり減らす事はそれほど困難ではありません。
内臓脂肪は腹部にあるから腹筋運動と考える方がいるかもしれません。しかし、腹筋運動は腹筋を強くしますが、直接、内臓脂肪を減らす効果はありません。

 

では何が有効なのでしょう?

 

脂肪を燃焼させる有酸素運動が内臓脂肪を減らします。有酸素運動を行なった場合に、筋肉は蓄えたグリコーゲンを使い、次に血中の脂質(遊離脂肪酸)、肝臓や脂肪細胞が放出する遊離脂肪酸を使います。この時に皮下脂肪よりも代謝が盛んな内臓脂肪の方が多くの遊離脂肪酸を放出します。内臓脂肪は代謝が活発、という事は溜まり易く減り易い性質を持っているということなのです。

 

よく有酸素運動は運動の持続時間が20〜30分以上ないと脂肪の燃焼が起きないとされています。この解釈は20〜30分以上の持続時間があれば確実という意味です。これより短い持続時間では脂肪燃焼が起きないというわけではありません。詳しくは「有酸素運動のホンネ…連続20分じゃなくても問題ナシ」をご覧ください。

 

一番大切なのは総有酸素運動時間です。30分を1回よりも10分を5回の方が総運動時間は長くなります。1回に20分以上と考えると億劫ですが、分割してもよいと考えると有酸素運動を行う時の精神的な負担が軽くなります。

 

内臓脂肪を減らすために、誰でもできる有酸素運動、“歩くこと”を、おすすめします。「どうせやるなら!効果が高まるウオーキングフォーム」「有酸素運動のホンネ…連続20分じゃなくても問題ナシ」などを参考に、内臓脂肪を減らす生活をさっそく始めてみましょう。
出典:肥満=皮下脂肪ではない! 内臓脂肪を減らすには

漢方薬も効果的

 

昔から漢方薬は脂肪の体内吸収を抑制して、また脂肪燃焼効果を上げる事で知られています。

 

有名な漢方薬として、

 

防風(ボウフウ)
黄ごん(オウゴン)
生姜(ショウキョウ)
甘草(カンゾウ
大黄(ダイオウ)
芒硝(ボウショウ)
麻黄(マオウ)
連翹(レンギョウ)
桔梗(キキョウ)
石膏(セッコウ)
白朮(ビャクジュツ)
荊芥(ケイガイ)
山梔子(サンシシ)
芍薬(シャクヤク)
当帰(トウキ)
滑石(カッセキ)

川きゅう(センキュウ)
薄荷(ハッカ)

 

があります。

 

血流を良くして、無駄な水分を排出して便通の改善も行います。

 

つまり身体全体の調和をとり、脂肪燃焼効率を上げるわけですね。

 

太りにくい体質に改善することにより、ビール腹を解消するなら、漢方を始めるのも一つの手だと思いますよ。

 

 

 

メタボリックシンドロームの改善には、まずは体重の5%を減量することを目標としましょう。それだけで内臓脂肪は減りますし、高血圧・高血糖・脂質異常も改善し、アディポサイトカインの分泌も正常に近づきます。
参考:メタボリックシンドローム改善のための基本戦略